便秘からくる吹き出物の対策について

20歳を過ぎて、少し太り気味になってから、便秘がひどくなりました。それまでは、ほとんど便秘になった事はありませんでした。今は20代後半、独身です。

私の場合は、「肥満が便秘の原因」、または「便秘だから肥満」なのか良く分かりませんが、とにかく慢性の便秘です。10年近く続いています。それでも、多少、便秘が解消される事もあり、そのような時は、肌の調子も良いです。ただ、便秘が悪化すると、1週間ほど便通が無い事があり、その時は、体の調子が最悪になります。肌の吹き出物がひどく、頭痛もひどくなります。また、むくみもひどくなり、体がだるくなります。

便秘が解消されると、これらの症状がいっぺんに解消するので、おそらく、全て便秘が原因だと思います。私なりに便秘の原因を考えてみると、原因は一つに集約されます。食べ過ぎです。それも、お菓子や、脂肪の多い物、揚げ物など、カロリーの高いものばかりです。さらに繊維を含む物はほとんど食べません。20歳を過ぎて就職してから、ストレスによる過食状態が続き、どんどん太りました。食べ過ぎた後には、必ず便秘になります。

そして顔に、吹き出物ができます。吹き出物は、便秘が解消されるまでは、全然消えずに毎日ぼつぼつと顔に出ます。一度、対策を使用と思い、食生活の見直しをしました。きちんと3度の食事を食べ、間食はしないという食生活です。1か月程度は続きました。その間、便秘も起きず、吹き出物も出ませんでした。そのまま続けられれば良かったのですが、また、ストレスによる過食に走ってしまい、便秘へと悪循環が始まりました。

食生活を、自分で律するのは無理と考えて、ひとまずひどい便秘の時は、一時的に解消するように心がけました。具体的には、下剤を飲んだのです。下剤の種類は、色々と試してみました。自然の成分が良いと思って、「センナ」という薬を試しましたが、自分のがんこな便秘には効果が無かったです。

さらに、「マグネシウム」入りの市販の便秘薬をいくつか飲みましたが、こちらも効果が無かったです。一番即効性のあるといわれている「コーラック」を飲みました。これは一回で、効果があり、便通が良くなりました。便通があれば、肌の吹き出物もあっさり消えます。あくまで対症療法でして、便秘の根本的な解決にはなっていませんが、吹き出物の対策としては何とかなっています。今のところは、完全に治っておらず、便秘になっては下剤、の繰り返しです。ちなみに、便秘の際にできる吹き出物に、塗り薬(ニキビ用、抗生物質など)を塗ってみたのですが、これはほとんど効果が無かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です